建築施工管理の求人に見られるポイント

建築施工管理の求人をみていると、資格の有無は不問であること、未経験でも採用の可能性があることが書かれています。建築と言う大きな枠でいうと、現場に出て状況の管理や調整を行っていく仕事となっており、最初は見習いから始めるという形が多いようです。もちろん最初から経験者や有資格者を優遇します、と明記されている会社もあります。ただその内容は幅広く、自社ブランドの分譲住宅から公共施設の道路や橋、商業施設や学校まで様々です。また地域密着型として、自社のある地域に主に仕事がある場合や、県内、もしくは近隣県も含まれる、または全国とその規模も様々です。どの業種でも有資格者、経験者は優遇されますが、それを上回るやる気や熱意は、その道で仕事をしている人たちにとっては嬉しい気持ちのようです。

建築施工管理の求人において休みが明記されていること

建築関係の仕事というのは、歩合制や納期というものがあり、休みを取ることが難しいという印象があります。また人手不足も手伝い、本来の業務以外の仕事が山積みになることもあるようです。ただ、現在ではそのような環境を改善すべく週休2日、総労働時間の削減、有給休暇の取得促進に向けて努力をしています。特に、自社ブランドの分譲住宅などを多く手掛けている会社や、地元を中心にしている会社では、建築施工管理の仕事の求人には週休2日や残業が少な目と書かれていることが多いです。残業が多い企業で働くと、残業代や休みが取れない可能性が高く、結局自分をつぶしてしまう可能性があります。仕事を探すことは非常に大変です。自分の条件を全て受け入れてくれる会社を探すことは、さらに難しいです。ただ、休みと給与は非常に大切です。

建築施工管理の求人は転職サイトや派遣も視野に

建築施工管理の転職を考えている場合、直接求人をしているところに正社員で働く以外に派遣という形から入る人もいます。派遣会社を通して、残業代を明確に支払ってもらえるというメリットがあります。また、休みなども派遣会社によって管理がされていますから、安定した休みをもらえることが多いです。ただし派遣会社を選ぶ必要があります。今は職種ごとに転職や派遣会社も特化していることが多く、建築関係に強い派遣会社もあります。またアドバイザーやコンサルタントがいる会社ですと、さらに詳細を相談することができますから、納得できる転職が可能になります。ただひたすら都合の良い会社というものを探すのは非常に難しいですから、これは譲れないという点は抑えておく必要があります。これはどのような職種でも同様です。

ブランクがある方や未経験の方でも安心して働ける教育システムが充実しています。 お客様のご要望とスキルに合わせた求人を紹介しています。 都道府県、地域問わず、全国の求人情報を取り扱っています。 建設事業に特化して5年、退職者はほぼでていません。 建築求人.jpへはサイトのお問い合わせからご連絡ください。 建築・土木・空調、衛生、電気設備の施工管理、設計業務の転職求人情報を掲載しています。 建築施工管理の求人情報なら、建築求人.jpをどうぞ