建築施工管理の求人を探す時のポイント

駅前の再開発など都心部を中心に建設ラッシュとなっている近年、施工管理技士の需要も高まっています。求人サイトでも施工管理技士の求人を多く見かけます。施工管理とは、建築現場において安全管理や工程管理、品質管理に原価管理などを担う仕事で、現場監督とも呼ばれています。国家資格である施工管理は誰でもできる仕事ではなく、国家資格を持つ施工管理技士でなければ業務を行うことはできません。主に各作業工程への指示出しや、施工状況を確認するのが仕事である施工管理は、実際に施工作業を行うことはほとんどありません。しかし、計画的に工事を進めるため、質の高い工事を行うために施工管理は必要不可欠な存在です。また、施工管理には土木施工管理技士や建築施工管理技士などいくつかの種類があり、施工管理技士の種類により、監理技術者に就ける工事内容が異なります。 

建築施工管理技士のメリットとは?

現在建設業界は一級建築施工管理士の人手不足が深刻化していますが、特に監理技術者の高齢化により若手監理技術者の不足が問題となっています。そのため、建設業界では優秀な技術者の確保・育成に特に力を入れており、求人サイトや求人情報誌では未経験者でも可能な求人も多くなっています。そんな建築施工管理技士は社内評価も非常に高く、昇給や昇進など給与面での待遇が良いというメリットがあります。また、一般的に高齢になると転職するとしてもなかなか難しいものですが、監理技術者が不足している建設業界では、建築施工管理士はほかの職種よりも転職しやすいというメリットもあります。建築施工管理技士には一級と二級がありますが、一級建築施工管理技士であれば監理技術者や主任技術者として大きな工事現場でも働くことができるので、経験が浅い人でもスキルを磨くことができます。

建築施工管理の求人を探す際のポイント

建築施工管理の求人を探すなら、求人サイトを利用するのがおすすめです。求人サイトには実にさまざまな職種の求人が掲載されており、建築施工管理技士が活躍できる土木関連や建設関連の求人も多いです。今のところ看護師や保育士などの求人のように建築施工管理専門の求人サイトはないものの、土木関連・建築関連の求人を取り扱う求人サイトであれば、『施工管理』というキーワードを入力するだけで100件以上もの求人がヒットすることも多いほか、希望条件を選択して絞り込むこともできるので、膨大な量の求人の中からでも希望の求人を簡単に見つけることができます。また、施工管理の仕事というのは国家資格を持っているということが大前提ですが、土木や建築、設備など資格の種類により携われる業務も異なるため、求人サイトで建築施工管理の求人を探す場合は、建築施工管理技士の資格を持つ人が対象の求人を探す必要があります。