最近人気を集めている建築施工管理の求人の特徴

週休2日以上が確保されている工事現場の割合はかなり低く、土曜日や祝日も稼働している現場が多くなっています。この事態を打破しようとした動きが強まっており、国土交通省や建設業界団体では週休2日や総労働時間の削減、有給休暇の取得促進を目指して時間外労働の自主規制を取ることが決まっています。建設業界では5年間の猶予期間が設けられていますが、段階的に残業時間を減らしていく方向に進んでいくでしょう。業界全体で労働環境改善に取り組んでおり、休日を増やして残業時間を減らす企業も増えてきています。建築施工管理の求人を探す際に、残業が少なく休日も多いといった労働条件の良いところを見つけるには、大手ゼネコンに入社するのが最も手っ取り早い方法ですが、実は他にも良い働き方がいろいろあります。

おすすめの建築施工管理の求人の特徴

建設施工管理の求人の中でも派遣という働き方だと、より良い労働条件の中で働ける可能性が高いです。通常、正社員という働き方の場合は労働者と雇用先とが直接契約をしますが、派遣の場合は、労働者と派遣元の会社との雇用契約になります。そのため、派遣会社がきちんとした会社であれば、サービス残業という概念はありません。残業代が全額支給となるため、前職よりも大幅に給料がアップする可能性が高まります。資本金や従業員数が基準を超えている企業の場合は、残業代は割増賃金になることが労働基準法で定められているため、派遣で仕事をすると以前に比べて賃金が高くなる傾向にあります。そのため、正社員ではなく、派遣として働くことで高給取りになっている建築施工管理技士は数多くいるというのが現状です。

建築施工管理の求人のおすすめの探し方

建築施工管理の求人を探すのに最も効率の良い探し方は、建築施工管理技士の転職に特化したサイトを利用することです。転職サイトはたくさんありますが、その中で建築施工管理技士の求人を探すには、その業務の求人ばかりを集めた専門サイトの利用がおすすめです。大手の求人サイトにも建築施工管理技士の求人は掲載されていますが、やはりその職業専門のサイトの方が、土木、設備、建築など幅広く掲載されており、自分が探したい職種から探しやすくなっています。また、こうしたサイトには転職アドバイザーが在籍しており、転職アドバイザーはキャリアコンサルタントの国家資格を有していることも多く、さまざまなノウハウの蓄積を基にしたアドバイスをもらえ、転職に関するさまざまな悩みを相談できる強みがあります。